よくあるパターン

電話で話していることなので、細かく聞き耳を立てているわけではありませんでした。
単にこれから寝ようとしている時だったので、寝室でひたすら電話をしている主人。

外資系な会社に勤めているのですが、何だか真剣に話していました。
結婚前は、外資系は嫌だと話していたのですが、友人に誘われて…なのでした。

よくあるパターンかもしれませんが、仮想通貨の話で最近は話込んでいるのです。
寝ていいものかと思ってもいたのですが、何だか主人が話している隙に寝ていびきでもしたらと思っていました。

恥ずかしくなってしまうので、起きていることにしましたが、パソコンを開きだしました。
今度は何かな?と思っていると、仮想通貨取引所のおすすめはどこかの話になったようで悩んでます。

会社の人ではないのは、かかってきた時に分かっていたのですが、関係者ではあるみたい。
友達数人で最近はその話で持ちきりでしたが、私は何をするわけでもなくボーっとしていました。

思ったことは、販売所の話になった時に、それは主人は避けるだろうと思ったくらいです。
案の定それはダメだね、と言っていたのですが、なにせ寝室なので声が通ります。

眠くならないのかな?と思っていましたが、凝っている人にとっては夢中でしょう。
明日また話そうと言っていましたが、仮想通貨の話は明日も続くようではあった。

まあ仕方ないかなと思いながら、電話を切った主人がゴメン!といいつつ、眠いわとも言っていました。

眠かった私でしたが、先に寝たのは主人だったので、何だか寝損ねたと思っていました。